ホイッスル使用後のお手入れ

ホイッスルは使用後そのままにしておくと、唾液が固まり薄い膜になってしまいます。

そうなると、音がかすれたり小さくなってしまうことがありますので、使用後にはお手入れをしましょう。

(1)使用後はすぐ水で唾液を洗い流します

(2)音がかすれたり聞こえづらくなってしまった場合は超音波洗浄機や入れ歯洗浄剤をつかいます。

いずれも、スポーツ用ホイッスルを中心に製造販売しているモルテン(molten)社が推奨している方法です。
また、同社がいれば洗浄剤でのクリーニングを紹介する動画を作成していますので合わせて紹介します。

Whistle cleaning ホイッスルのクリーニング方法

1分の短い動画ですが、見られない方や忙しい方は↓の画像でどうぞ

ホイッスルのクリーニング

綺麗な状態のホイッスルは、ちゃんと空気が通り抜けます

音がうまく鳴らないときは

唾液が固まって空気の通り道がせまく・いびつになっている恐れがあります

そんなときは入れ歯洗浄剤を使います・・・市販のものでもOK

洗浄剤を水に溶かし、ホイッスルを入れます

決められた時間置いて、水でよく洗い流します

空気の通り道が詰まりそうな状態でしたが、よく通るようになりました

たったこれだけですっきり綺麗な音が出るホイッスルに戻りました

なお、コルクが入っているもの金属製のホイッスルにはこの方法は適しません
コルクが割れたり金属が変色することもありますのでご注意ください。

最新情報をチェックしよう!